高年齢で助産師になるということ

助産師とは妊娠や出産にかかわり、助産行為を行う人のことを助産師と言います。この助産師は保健師助産師看護師法3条に規定され、「助産師とは厚生労働大臣の免許を受けて助産師になれるのですが、最近では高齢者で助産師になる人も多いです。

アメリカでは助産師に多くの権限が与えられている特徴がありますので、高齢者の人でもエコー検査による胎児のチェックや子宮頸がん検診も助産師一人で行うことが出来ることがメリットとなっています。

しかし日本では分娩介助、臍帯の切断、正常な経過の妊娠分娩に関しての助産行為が日本の高齢者でもできる助産行為と言われているものです。日本の高年齢の助産師の特徴として女性の妊娠、出産、産褥の各時期において必要な監督、ケアおよび助言を行い、自分自身の責任において分娩介助をすることができます。

現代の医療では最先端の医療技術で出産することができますので、若い助産師が少なくなっているなかで高年齢で助産師になる人が増えている傾向があります。ただ高齢者の助産師にもメリットだけではなくデメリットもあります。

カテゴリー: 病院での仕事は
高年齢で助産師になるということ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー

最近の投稿