ブランクある看護師の復職支援!

もちろん、求人情報などを探すときには復職に限らず転職の情報を見ることも大切ですし、自分の気持ちとしては転職だと思っていても大丈夫です。が、転職先となる病院では、ブランクがある場合は、単純な転職として扱うよりは、やはり復職として扱うことが多いようです。

なぜなら、ブランクがあいているということは、その間に進歩した医療の技術や知識を知らない可能性がありますし、人にもよりますが即戦力にならないこともあるからで、そこは間をおかずに転職してくる人とは区別して考えなければならないようです。

そのため、病院などの先進の治療を行うところはなかなか転職をするのは難しいのかもしれませんね。しかし、それでも、看護師の重要はかなりあるため転職先はいっぱいあります。それでも高度救急などを行いたい場合にはしっかりと復職の支援を行っている病院を探してみるのがいいでしょう。

カテゴリー

最近の投稿