看護師から助産師になるには?

幅広い医療の現場で医師の補助や能動的な看護を行うのが、看護師という仕事です。基本的には、内科、外科、眼科など、科目ごとに専門があるわけではないので、看護師であるかぎりはどの科目の患者にも医師にも対応できなければなりません。

しかしそんな中で長年勤務していると、ある特定の分野に強い興味をもって、その道をもっと極めたいと思うようになる人もいるようです。その代表的な例が、看護師として産婦人科の勤務を経たのち、助産師を目指すというケースです。産婦人科で出産の喜びを身近に感じたり、また疑問を抱いたりした結果、助産師を目指すようになったという看護師が多くいるのです。

女性ならでは問題で看護師から助産師になりたいと希望する看護師も意外と多いようです。看護師が自分の出産を契機にして助産師へのあこがれが出てくるケースがかなり多くなっているようなんですね。看護師の仕事の幅も広がってきますね。

カテゴリー

最近の投稿